固定スペース

筆界特定制度による申請代理業務

筆界特定制度(ひつかいとくていせいど)は、境界紛争等を解決するために筆界特定登記官が土地家屋調査士や弁護士などの専門家(筆界調査委員)の意見をふまえ、迅速・適正に筆界を特定するものです。

全ての土地家屋調査士が、この制度を活用するための申請代理人として業務を行うことができます。

 

 筆界特定制度について、もう少し知りたい方は こちらをクリック法務省筆界特定制度

 

ご相談・お問い合せはこちら
新築登記、分筆測量、地目変更等の不動産(土地・建物)に関するご質問や、測量に関するご質問にお答えします。また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。
お気軽にお電話ください。

お客様相談室 はこちら